パティオのある家

パティオのある家

分類:新築住宅
延床:38.78坪(住宅)、7.2坪(インナーガレージ)

住まいの根本に求められたものは『独創的なスタイルの提案』でした。ありがちではないものを求められながらも、合理的な理由や根拠は必須な事は勿論、効率の良い動線や家族がつながるくつろぎ空間も同時に求められていました。敷地は48.5坪と狭く、3方の建物が敷地境界ギリギリまで迫っているといった都会の厳しい条件でした。

二階リビングのプランに至るまでに、1階リビングのプランも合わせて十数個もの構成のシミュレーションを行い、それぞれのメリットデメリットを考察した上で、この敷地での二階リビングの有効性をご納得頂きました。
スキップフロアーで各階の距離を縮める事でより生活の動きがスムーズになっています。また、各フロアのテイストを変え、日常シーン毎に異なる雰囲気を楽しめるようになっています。
また、要塞のようなガレージを避け、敢えて1台分をオープンにし、その先にパティオを設けました。爽やかな緑に引き込まれるようにアプローチし、全ての部屋からパティオの自然が面しています。都市に住みながらも人目を気にする事なく自然と空を独り占めする贅沢な住まいです。各フロアからはパティオを通してその先のフロアが眺められ独創的な関係性が生まれています。

住まい手は有名ハウスメーカーを4~5社から図面を提案して貰いながらも決め手なく困られていた折に、本物の木を使った木組みの架構の美しさと吹き抜け空間の力強さを見て、これだと直ぐに決心頂きご依頼下さいました。また設計事務所の自由な独創性と提案力の信頼と、構造の理解度の安心さも決め手だったとのお話でした。

2019年11‐12月号 家づくりナビ掲載(表紙採用)
2020年05-06月号 家づくりナビ掲載(表紙採用)

写真:STUDIO DUCK 内山昭一