ピアノサロンのある家

ピアノサロンのある家

こちらの住まいは、荒井好一郎建築研究室と共同設計で取り組んだプロジェクトです。

分類:新築住宅
規模:31.8坪

開放的でのびやかな空間、外の自然を感じながら四季を楽しむ生活、立山の雄大な景色を眺めて暮らすそんな要望をかたちにした住まいです。
限られた面積内でのびやかさを出す為に、外まで室内空間に取り込み、ゆったりした空間を味わえる独自の工夫をしています。同時に、ソプラノ歌手であるご夫人の為に玄関をピアノサロンとする事や、ご両親の描かれる絵を飾るギャラリー、連邦に向かう角度をつけた窓を提案致しました。
余すところなく計算された吹抜けのあるLDKにはいろいろな要素と思いが詰められており、過剰も不足もない、飽く事のない空間に整えました。

写真:studioDUCK 内山昭一